よくある質問

Q. SuperNovaの使い方
A.

LumenRadioのソフトウェアをインストールし、デスクトップにできたショートカットアイコンをダブルクリックし起動します。

※CRMX FXとPCはネットワークケーブルで接続します(ストレートケーブルでもOK)

SuperNovaを起動すると、ネットワーク上にあるCRMXFXを検索して表示します。

表示されるのは、CRMX FXなどのトランスミッター機能を持つものだけです。レシーバー専用機は表示されません。

 

設定

表示されたCRMX FXのアイコンをダブルクリックすると、プロパティシートが開きます。

タブをクリックして表示を切り替えます。

Device Info欄では、FXをトランスミッター又はレシーバーかを選択することができます。

送信(トランスミッター)又は受信(レシーバー)を切り替え可能になります。

 

ポートの設定

ポート欄をクリックすると、無線に出力するデータを、XLR 5pin DMXポートのデータかイーサネットのデータかを選択できます。

入力ソースをイーサネットにする場合は、Source欄をクリックして、Ethernetを選択します。

これを選択すると自動的にEnable Ethernetにチェックが入り、プロトコル欄でネットワークプロトコルの選択ができます。

プロトコルに応じてユニバースの設定欄は表示が変更されます。

※設定が完了したらApplyをクリックします。

Applyをクリックすると、リブートのメッセージが表示され、しばらくした後、画面は通常表示に戻ります。