Catalyst

商品を選択する

Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro ¥ 580,000
Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV ¥ 380,000
Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express ¥ 250,000
Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite ¥ 180,000

上記以外の商品をご希望の場合は、お問い合わせください。

商品名 Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro, Version5 Pro
販売定価 ¥580,000
在庫あり(残り8)
商品名 Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV, Version5 DV
販売定価 ¥380,000
在庫あり(残り8)
商品名 Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express, Version5 Express
販売定価 ¥250,000
在庫あり(残り8)
商品名 Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite, Version5 Lite
販売定価 ¥180,000
在庫あり(残り8)

Version5

Catalyst Version5では新しいMacPro(2013)に対応し従来の2スクリーンから、最大6面のスクリーンを認識できるようになりました。
また新しく加わったExactMapの機能により、Version4では難しかった複雑なデザインレイアウトを 1 つの Mix だけで作成でき、さらに直感的に操作することが可能になりました。


MixMap では補正をかける面数を気にする必要はありません

Catalyst Ver5 より6スクリーンの管理が可能に
カタリストは、HDD上にストックした映像コンテンツ (クイックタイム) やグラフィック(JPEG、TIFF、PNG) を解像度の違いに関係なく、自由に組み合わせて再生することができ、出力する際にはキーストーンの他、カーブした面への補正を加えて出力することが可能な映像制御のソフトウェアです。

映像制御
カタリストの基本機能は、映像をリアルタイムに変化させる映像制御の機能です。レイヤーという概念に基づき、マルチレゾリューションの映像を複数プレイバックし、スケーリング、カラーキーイング機能などで自由に配置または合成することができ、その場の環境に合わせ、コントラストの調整、カラーの調整、サイズやスケールの調整をリアルタイムに行い、表示します。
カタリストの動作するプラットホームは、MacOS10が動作するMacのみです。ユニックスの系譜を持つMAC OS 10.6.x Snow Leopard ~ Mac OS 10.10 YosemiteとインテルアーキテクチャーのMACによってカタリストの映像パフォーマンスは最大限に発揮されます。( MacBookProやMacminiでの再生も可能です)

New Mac Proで6アウト出力時にはスターテック社製 Thunderbolt <> DVI変換がおすすめです。
カタリストは、MAC上で高いクオリティーの映像をスムーズに再生することで、 MACを使ったデジタル映像プレイバックのトータルリューションを提供します。

新しいMacPro(2013)の登場により、HDD上でHD素材のマルチ再生や4K素材の再生も可能です。※再生パフォーマンスは PC のスペックに依存します。 Catalystに取り込むことのできるコンテンツの最大解像度は11520 x 1200です。
(解像度は横幅を減らす事により調整可能です。 例:6000 x 2000、 4000 x 3000 など)
(動画コーデックはProres422、Prores proxy及びApple Intermediateを推奨)
映像のマルチ出力と出力タイプ カタリストの映像出力機能には、キーストーン、カーブドスクリーン、フラットスクリーン などの種類があり、プロジェクションする環境で、選択して使い分けることができます。そしてマルチ出力した場合には、複数の出力面をつなげるブレンディング機能があり、プロジェクターの重なった部分の輝度を調整してなじませることができます。
カタリストは、ソフトウェアとドングルキーのみの提供です。

ハードウェアは、一般に販売されるAppleのMACを使用します。ソフトウェアはドングルキーを使用しなくても起動することができ、リモート制御などにも使用します。ドングルキーのない状態では時々、赤のフラッシュが起こることと、スクリーン上下の位置にブルーバーが表示されます。
4つのグレード
カタリストには4つのグレードがあり、
使用する環境に合わせて選択することができます。
◎カタリストVersion5のドングルではVersion4.4 m466Bのソフトウェアもお使い頂けます。

◎カタリストのもう1つの機能に、画面のピクセルを照明制御のプロトコルDMX512に変換して出力するピクセルマッドというものがあります。1ユニバースは512chとなり、これが4出力で、2048チャンネルとなります。この機能を使うと映像を使って照明機器を制御することが可能です 。またオプションで最大250ユニバースまで追加可能です。

◎カメラ入力はBlackmagic のデックリンクなど、キャプチャー用途のボードを使う事ができるほか、Active Silicon社のフレームグラバーを使用することで、ほとんど遅れのない美しい映像をCatalyst上で描画することができます。キャプチャー映像はHDSDIによる入力とコンポジット入力があります。


カタリストはプロ映像技術者、舞台照明技術者、デザイナー、アーティストなど幅広い分野の方々により運用されており、各現場で非常に高い評価を得ています。
高機能な映像制御のソフトウェアをMACという汎用コンピューター上で運用することで、急激なハードウェアの進化にスムーズに対応するとともに、製作した映像コンテンツをダイレクトに出力プラットフォームへともってくることができる大きな利点があります。